アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
安室奈美恵 PV 「ヒミツの花園」あらすじと予告
ブログ紹介
安室奈美恵 PV 「ヒミツの花園」あらすじと予告
zoom RSS

安室奈美恵 PV 「ヒミツの花園」第6話あらすじと第7話予告

2007/02/20 17:56
安室奈美恵の、約8ヶ月ぶりとなる待望のニュー・シングル「Baby Don't Cry」は、フジテレビ系ドラマ『ヒミツの花園』主題歌としてオンエア中。幸せな気持ちになれる感動的なミディアム・ポップナンバー。
画像


「Baby Don't Cry」安室奈美恵



この曲を聴くと元気になれます。

さてさて、今後の展開が見逃せない「ヒミツの花園」のあらすじと予告です。

「ヒミツの花園」第6話あらすじ 「ついに正体が!!」 (2/13放送)

田中(寺島進)が副社長から、花園ゆり子のサイン会を開くように命令される。
航(堺雅人)ら4兄弟にとって、売れないころから見守ってくれた田中は恩人とも言える存在。
何とかしてあげたいが、人前に出るわけにもいかず…。
そこで航らは、夏世(釈由美子)に自分たちの代理をさせようと考える。
 だがサイン会直前になって、罪悪感にかられた夏世はサイン会には出られないと言いだす。その結果、サイン会をどうするかで兄弟の意見が分かれ、取っ組み合いのケンカに。
夏世は集まったファンに自分は花園ゆり子ではないと告げる。

画像

航も土下座して謝り、必ず花園ゆり子のサインとプレゼントを送ることを約束する。
 その後、夏世は航に恥をかかせたことを詫びる。航は夏世の言葉を否定し、2人は見つめ合う。それを見た智(要潤)は声をかけられなかった。

画像



釈由美子のヒミツの話

真矢みき 宝塚時代のお宝画像


「ヒミツの花園」第7話予告 「涙と抱擁のワケ」 (2/20放送)

花園ゆり子の漫画『忍法アラベスク』を原作したドラマが作りたいと、テレビ局からオファーが舞い込んだ。

夏世(釈由美子)は、漫画の売り上げにつながると思い、片岡兄弟たちに相談すると、
修(池田鉄洋)は、漫画の主役を人気女優が演じると聞き、ノリノリだ。
陽(本郷奏多)は、「原作を超えたドラマはない」と慎重路線だ。
智(要潤)は、航(堺雅人)に意見を求める。
だが、航は、「智に任せる」の一言だった・・・。

そんな航のそっけない態度に、夏世は気にかかるが・・・。

後日。
智は、ドラマの担当プロデューサーに会った。
プロデューサーから「絶対、面白いものにする!」と、言われ、
智は、そんなプロデューサーの熱意に押されて、ドラマ化をOKしたのだった。

ところがその夜!?
夏世は、航に呼び出された。
航は、ドラマ化を反対だと言いだす。
「人には決して踏み込まれたくない場所があるんです」
「男であること以外に何を隠そうとしているんですか?」
夏世と航は言い争いになり…。

本郷奏多 小学校の卒アル画像

堺雅人と富田靖子が破局

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 66 / コメント 5


月別リンク

安室奈美恵 PV 「ヒミツの花園」あらすじと予告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる